男性と交渉をしてみる

kuro-ba-援交サイトを使っていれば、女性はかなりありがたい出会いをすることができてしまいます。
援交サイトのシステムは、主に掲示板がメインになっていて、ここで出会いをすることができます。
登録をした女性がここに、自分が家出をしているということを書き込めば、様々なメリットを得ることができてしまうのです。
そのメリットとしては、やはり何よりも自分を助けてくれる男性と出会うことができる、ということですね。
男性は相手が家出をしてきている女性であるということを知ってくれています。
なので、実際に出会ったときに、家出少女が喜ぶようなことは何なのか、よく知ってくれているのですね。
地域情報などもやり取りをして、実際にメールをしてから出会うことになります。
あとは、遊んでみたり食事を奢ってもらったり、泊めて貰うということもできてしまいます。
そこで何を援助してもらえるのかということは、女性が男性にリクエストをするもの次第です。
男性が予算に余裕のある人であれば、そのリクエストをすべて叶えてくれるかもしれません。
そのとき、女性は男性にたいしての交渉術なんかも意識してみて欲しいと思います。
交渉といっても難しいものではなく、男性に喜んでもらえればさらによい援助がもらえるということです。
男性に喜んでもらうためには、やはりセックスの相手になってあげる、ということが一番ではないでしょうか。
それを徐々に焦らすようにして交渉をしていけば、もっとよりよい援助をもらえるようになるでしょう。

援助交際は安全確認が重要

tama友達がやってたからという単純な理由で私は援助交際をしていました。
初めての時はまだ十代でした。

最初のほうは出会い系サイトを利用していたのですが、真面目な恋愛希望の人も結構いて、その人に悪いなっていうのもあって最近は神待ちサイトのほうで探しています。

出会い系サイトだとサクラの問題もあって、自分がサクラじゃないって信じてもらうのも大変なんですよね。
男性は出会えないって問題かもしれないけれど、女性にとってもデメリットだらけなんです。

だからこそ、話がスムーズにすすめられる神待ちサイトは援交に最適なんです。

援交は断然エッチありのほうが稼げます。男性の食いつきも全然違って、交渉次第では平均より多く稼げたりもします。

さすがに毎回エッチありの援交だと身体が疲れてくるので、時にはエッチなしの援交もしてますがやっぱり、男性のテンションは低めですね。

神待ちサイトに書き込みをするとそれを見た男性がメールしてくれるのですが、数が多いときは選び放題です。
少ない時は、ましな人を選ぶようにします。
チェックポイントは、内容もそうですが社会的常識のある人かどうかということですね。
無理な交渉をしてくるとか、要求がだんだんエスカレートしてくるとか、そういう人は信用できないので無視です。
こちらの話もちゃんと聞いてくれて、お互い納得できる条件を探せる人が理想ですね。

たまに、どう見てもコピペしてる内容のメールもありますが、それももちろん却下です。

あとはメールだけではわからなかったところは、待ち合わせ場所に遅れていくことでカバーしています。
遠目からどんな人が待っているのかチェックするんです。
目つきが怪しいとか、雰囲気が悪い人は急に用事ができたとか言って予定をキャンセルします。

ちょっと面倒ですけど、人を見るにはいろいろ手間がかかります。

自分の身は自分で守る意識が高くないと援助交際は気軽にやってはいけないと私は思います。

家出少女とインターネットの関係

家出をしている女性と関係を持ちたいというときには、相手の年齢に気をつけるようにしましょう。
相手の女性がもし未成年ということなら、それは事件になる可能性もあります。
これまでも、家出少女についての事件というのは様々なものが起こってしまっています。

例えば、それにはどのようなものがあるのかといえば、中学生の女性を相手にしたというものもあります。
携帯電話の出会い系サイトから知り合ったという二人が、実際に出会ったというものです。
相手の女性は中学生で、男性は25歳の青年だったのだそうです。
そして、その男性は誘拐容疑として逮捕されることになりました。

他にも、インターネットの出会い系サイトから17歳の女性と出会ったとして、男性が逮捕された例などもあります。
それ以外にも、インターネットから出会って実際に関係を持ち、逮捕された男性の例は多く存在しています。
家出少女に関しては捜索願いが出されていますので、警察によって行方が捜索されていることも多くあります。
そのため、その捜索の中で男性が疑いを掛けられて、逮捕されるということもあるのですね。
家出少女と実際に出会う場合には、自分が事件の加害者になってしまうかもしれない、ということは十分に意識しておくべきでしょうね。

家出少女の行動とは

中学生の女性が家出をした場合、その生活を続けるだけのお金を十分に持っているということはほぼありません。
よほど計画的に行われた家出でない限りは、やはり途中でお金が尽きてしまうことになるでしょうね。
そのため、家族はその神待ち少女を見つけるために、捜索願を出すようになります。

また、家出をした女性本人は、友達の家に行ったりして、そこでしばらく過ごすようになるのだそうです。
そこでお金を得ることができれば、しばらくは宿泊をできるネットカフェなどに移動をすることになります。
これが若い女性の、家出をしたときの典型的なパターンであるといえるでしょう。
もしくは、最近では携帯を使って簡単にインターネットに接続できるようになっています。

そのインターネットを使って、出会い系サイトから助けてくれる人を見つけることもできるのだそうです。
家出少女で、助けてくれる人を求めている、ということを書き込んでおけば、それに反応してくれる男性は多いものです。
その傾向は、10代後半から20代くらいになるとさらに顕著になっていくようです。
年齢が高くなるほど、それはプチ家出というよりは、長期的で本格的な家出になっていくのでしょうね。
現在ではインターネットがかなり便利な存在になってきているために、そういった行動を取るような女性が増えているのかもしれません。

教師が援助交際

よくニュースを見ていると、教師が援助交際に加担していたり、暴行事件を引き起こしているということがあります。
教師という職にありながら、本当に不思議なものです。
私が通っていた高校は、暴行事件で教師が逮捕されたという経歴がありますが、自分が見知っている高校だけに本当に腹立たしいと思いました。
ニュースで取りざたされるまでは学校側も事件をなかったことにし、さらに教師も事件後も学校で授業をしていたというのです。
教師が援助交際をするということも問題ですが、このような事件が起こるたびに一人以上の少女が壊れていくのだと思います。
受験生であればmどんなに勉強していても、暴行被害などにあえば、受験などできなくなってしまうでしょう。
教師の援助交際というのは、本人だけの問題だけではなく、ニュースなどに取りざたされればその学校の生徒からの信頼も失ってしまうのです。
教師というのはそれだけ力が大きいのです。
この教師の力が正しく使われなければ、誰か彼かの人生すら崩壊してしまいます。
私が今まで見てきた少女たちの中にも、大人によって影響を受け、犯罪に手を染めるまでになった子達がいます。
教師の援助交際は社会のモラルに反しています。
ところがこのような人間はまだまだ教師として世の中にいるのです。